河村直哉の時事論

中国の揺さぶりに動じるな 「自由対共産」の戦略に学べ

日米安全保障協議委員会(2プラス2)後の記者会見を終え、あいさつする(左から)米国のオースティン国防長官、茂木敏充外相、米国のブリンケン国務長官、岸信夫防衛相=16日、東京都港区の外務省飯倉公館(代表撮影)
日米安全保障協議委員会(2プラス2)後の記者会見を終え、あいさつする(左から)米国のオースティン国防長官、茂木敏充外相、米国のブリンケン国務長官、岸信夫防衛相=16日、東京都港区の外務省飯倉公館(代表撮影)

 米国、中国の外交トップの会談は両国の対立を際立たせる形で終わった。これに先立つ日本、米国、韓国の外務・防衛担当閣僚による2プラス2の流れから考えると、東西対立期のかけひきが再現されている感が強い。共産国の戦術の一つは自由諸国の離間だから、その観点から見取り図を持っておく必要がある。

共産国の揺さぶり

 ブリンケン米国務長官と楊潔●(=簾の广を厂に、兼を虎に)(よう・けつち)中国共産党政治局員らによる米中外交トップの会談では、中国は激しく反発した。計算されたものだろう。今後、気候変動問題などで懐柔してくることも考えられる。懐柔策は共産国のお手のものである。