日米首脳会談 日米中の思惑交錯 日本は自由主義秩序の支え役へ

 菅義偉(すが・よしひで)首相とバイデン米大統領は16日、ワシントンで首脳会談を行う。バイデン氏にとっては、菅氏が対面で会談する初の外国首脳となる。日米両国はインド太平洋地域の平和と安定に向けた両国の結束ぶりを中国にアピールする考えだ。一方の中国は日米の離間工作に躍起となっている。

日本 日米の結束アピール

 菅義偉首相は16日、バイデン大統領と会談する。中国を牽制するため、自由主義秩序の中核として日米の結束を印象付けることが最大の狙いだ。バイデン氏は多国間主義を重視する姿勢を示しており、自由主義秩序の「チャンピオン」に復活する米国と歩調を合わせる姿を描く。ただ、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)に関しては、自由貿易協定に厳しい米国世論を踏まえ会談で復帰要請を見送ることも検討している。

 トランプ政権からバイデン政権に移行したことで、国際社会における日本の立ち位置は微妙に変化した。新旧の米政権はパワーバランスを重視し対中強硬姿勢を取る点で共通するが、バイデン政権は自由や人権を基調とする秩序の牽引役を担う意思が際立つからだ。