政界徒然草

衆参3選挙敗北も自民には「ポスト菅」不在 岸田、石破、野田各氏らも浮かばず

衆参3選挙の与党全敗から一夜明け、記者団の取材に臨む菅義偉首相=26日午前、首相官邸(春名中撮影)
衆参3選挙の与党全敗から一夜明け、記者団の取材に臨む菅義偉首相=26日午前、首相官邸(春名中撮影)

 菅義偉(すが・よしひで)首相にとって初の国政選挙となった衆院北海道2区、参院長野選挙区両補欠選挙と参院広島選挙区の再選挙で自民党が不戦敗を含めて全敗し、首相を「選挙の顔」として戦うことに不安を残す中、党内の「ポスト菅」の不在が鮮明になりつつある。かつては党内で田中角栄元首相ら「三角大福中(さんかくだいふくちゅう)」や安倍晋三前首相ら「麻垣康三(あさがきこうぞう)」といった総裁候補がしのぎを削ったが、現状では現総裁の菅首相以外に有資格者といえる候補が見当たらないのが実情だ。

 「国民の皆さんの審判を謙虚に受け止め、さらに分析した上で正すべき点をしっかり正したい」

 衆参の3選挙から一夜明けた26日朝、首相は神妙な表情で記者団にこう語った。

 今秋までの衆院選を控え、選挙前の総裁選前倒しなど「菅おろし」の動きがいつ表面化してもおかしくはない局面だが、首相への強力な「対抗馬」は現時点で浮上していない。