小泉流が変えた政治~政権発足20年・中

奇抜でも実は手堅かった人事

(上)派閥に背を向け「自民党をぶっ壊す」

 自民党幹事長の二階俊博が率いる二階派(志帥会)は22日昼、東京・平河町の派閥事務所で会合を開いた。各派閥が毎週木曜日の昼に開催している例会だ。

 「可能な限りみんなで勝利を目指して頑張りたい」

 二階は同派所属の元衆院議員が立候補した地方選への協力を呼びかけた。ただ、あいさつは短く、通常は全員でとる昼食は、新型コロナウイルス対策で弁当の持ち帰りに。二階も所属した田中角栄率いる田中派(現竹下派、平成研究会)は全員で同じ昼食をとる「一致団結、箱弁当」が合言葉だったが、今は往時を想像するのが困難な風景になっている。