小泉流が変えた政治~政権発足20年・下

諮問会議で予算権限奪取 既得権益打破の砦に

(中)奇抜でも実は手堅かった人事

 26日に首相官邸で開かれた経済財政諮問会議。少子化対策などをテーマにした会議で、関係閣僚や学者らを前に、議長である首相の菅義偉は、こう述べた。

 「この内閣では、経済あっての財政という考え方で成長志向の政策を進め、財政健全化の旗を降ろさず改革努力を続けていく」

 新型コロナウイルスの収束が見通せない中、夏にまとめる令和4年度の経済財政運営指針「骨太方針」に何を盛り込むのか。今後もこの場の議論を通じ、予算の編成方針が固められていく。すっかり定着した政策決定過程だが、原型を作ったのは小泉純一郎だった。