憲法の限界 施行74年

(下)道筋示さず怠慢続ける国会

 大型連休に入る直前の4月28日、国会で参院の憲法審査会が開かれた。

 自民党・石井正弘「内外の社会環境や価値観が大きく変化する中、一度も改正を経ていない現行憲法には現代社会にそぐわない部分が生じている」

 立憲民主党・小西洋之「議会政治が破壊されている現状下で、なぜ国会議員が憲法審で改憲議論を行うことが許されるのか」