政界徒然草

吹っ切れぬ立民・枝野氏 「コロナ禍で政局」の呪縛

10日の衆院予算委員会集中審議で、菅義偉首相(右)の新型コロナウイルス対策を「失敗」と追及する立憲民主党の枝野幸男代表(左)
10日の衆院予算委員会集中審議で、菅義偉首相(右)の新型コロナウイルス対策を「失敗」と追及する立憲民主党の枝野幸男代表(左)

 終盤国会で焦点となる菅義偉(すが・よしひで)内閣に対する不信任決議案の提出をめぐり、立憲民主党の枝野幸男代表が10日、「(新型コロナウイルス感染拡大が続く)現状では出せない」と記者団に述べ、永田町でちょっとした波紋が生じた。「枝野氏が今国会の提出見送りを決めた」という臆測は誤りだが、衆院選前に自らの攻め手を縛ってしまう不用意な発言だったことに違いはない。そこには「野党は新型コロナウイルス禍なのに政局が優先」との批判を懸念するあまり自縄自縛になる姿が浮かぶ。

 菅首相に衆院解散か内閣総辞職を求める内閣不信任決議案は、野党が提出してもほとんどが与党の反対多数で否決されるとはいえ、時の首相に「NO」の姿勢を示す最大の手段だ。ある立民幹部はこう語る。

 「当然、会期末に出したい。出すべきだ。でも、今出せば批判されるだろう。悩ましいが、1カ月後(6月16日の今国会会期末)の感染状況次第だ」

 今年は遅くても10月までに衆院選が行われる。枝野氏は今国会で内閣不信任決議案を提出し、政府・与党との対決姿勢を打ち出したい。ただ、感染拡大の局面で出せば「危機の時に野党は政治空白を作りたいのか」と言われる-。こうした悩ましい状況にある中で飛び出したのが、10日の枝野氏の発言だ。