計画性なくとも死刑回避せず 大阪・寝屋川中1男女殺害判決

Messenger

山田浩二被告

山田浩二被告

 山田浩二被告に死刑を言い渡した19日の大阪地裁判決は、法医学者ら専門家証言などの間接証拠を積み上げ、被告の犯行とする結論を導き出した。その上で、死刑を選択する重要な判断基準である「計画性」について、「生命侵害の危険性の高さ」などに関連するとの認識を示し、「計画性がないことが直ちに死刑回避の事情になるとはいえない」と判断した。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください