国歌斉唱時の不起立、減少傾向もなくならず 教員7人が処分

Messenger

 卒業式や入学式の国歌斉唱時に起立しないなど、国旗国歌に関して平成29年度に公立学校の教員7人が処分を受けていたことが25日、文部科学省の人事行政状況調査で分かった。12年度をピークに減少傾向が続いているものの、違反を繰り返す教員もおり、教育委員会などが対応に苦慮している。

 文科省によると、29年度の不起立教員は東京都で減給1人と戒告3人の計4人、大阪府で戒告2人、札幌市で訓告1人。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください