サウジへの16億円、正当性は ゴーン容疑者、検察と攻防

Messenger

 私的な投資の損失を日産に付け替えたなどとして、日産自動車の前会長、カルロス・ゴーン容疑者(64)が会社法の特別背任容疑で再逮捕された事件は、日産子会社からサウジアラビアの知人側に支払われた約16億円の趣旨が焦点の一つとなっている。損失の穴埋めなど私的目的だったとみる東京地検特捜部に対し、ゴーン容疑者は「日産のための支出」と反論。8日に東京地裁で行われる勾留理由開示の手続きでも無罪を訴えるもようだ。日産はサウジの販売戦略で苦慮していたとされるが、支払いに正当性はあったのか。

「精神的に強い」

 「無駄な会話は一切しない。取り調べ内容を報告し、助言を求めるというやり取りに終始している。(精神的に)強いですよ」。年末年始も連日、取り調べを受けたゴーン容疑者について、接見を続ける弁護人はこう話す。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください