職質の技「道場」で伝授 大阪府警 実践形式で若手育成 

Messenger
模擬職質で講師(左から2番目)に声をかける若手警察官ら=大阪市内のステップアップセンター
模擬職質で講師(左から2番目)に声をかける若手警察官ら=大阪市内のステップアップセンター

 大阪府警が若手警察官らの職務質問技術の向上に力を入れている。さまざまな状況を想定した訓練が可能な研修施設を設置。経験豊富な警察官を講師に研修が繰り返され、受講者はこれまでに延べ2万人を超える。質問の仕方などの技術のみでなく、犯罪の傾向も伝えて検挙に結びつけようとしており、最近は被害が多発する特殊詐欺犯の検挙を目指している。(桑波田仰太)

 「持ち物見せてもらっていいですか」

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください