外国人実習生死因の4分の1で過労死疑い、自殺は1割弱 「環境改善を」

 外国人労働者受け入れ拡大を目的とした改正出入国管理法が4月に施行される。新たな在留資格「特定技能」を設けて5年間で34万人を受け入れる計画だが、うち半数近くが技能実習生からの移行組だ。実習生をめぐっては、技術を学ぶ研修として来日しているのに、低賃金・長時間勤務を強いられているとの批判が根強い。法務省の調査では、過去8年間で亡くなった実習生の約4分の1が過労との関連が疑われる突然死で、自殺者も1割近くにのぼることが判明。専門家は「同じことを繰り返さぬよう、環境改善に向けた詳細な調査が必要だ」と指摘する。(今村義丈)

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください