江戸初期の地図に「くなしり、えとほろ」 領土示す証拠は存在

北海道の歴史
北海道の歴史

 江戸時代初期の日本を赤く塗った地図が文部科学省の検定により、北海道以北を白くする修正が行われた小学校の教科書。来年度から使用されるのを前に、北方領土返還運動の関係者などから「固有の領土について子供たちが誤解するのでは」と懸念する声が上がっている。領土問題の指導充実を盛り込んだ新学習指導要領が来年度から全面実施されるが、その趣旨から外れているともいえ、指導上の混乱も生じそうだ。

 「なぜ北海道以北が日本と同じ色でないのか、唖然(あぜん)とするほかない」

 北方領土返還要求運動連絡協議会の児玉泰子事務局長は、地図の色分けで北海道以北を「日本」から外したことに、強い違和感を訴える。同協議会では長年、北海道も北方領土も江戸時代の昔から日本の領土であるとパンフレットなどで啓発してきた。歯舞(はぼまい)群島志発(しぼつ)島の元島民でもある児玉事務局長は、「子供たちに誤った認識を持たせてはならない」と話す。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください