天皇、皇后両陛下のご発言(1)新たな皇室模索され

 天皇陛下「ぼく、あんまりうれしかったので、おくじょうから、おっこちそうになりました」(学校の屋上から富士山をご覧になって。学習院初等科1年のときの文集)

 陛下「小学校の時、御所(赤坂御用地)の中を散歩中に、偶然奥州街道という看板を見つけたんです。鎌倉時代だと思うんですが、昔そこに街道が通っていた。その時非常に言うに言われぬ興奮を味わったんです。その頃から道というものに興味を持ったわけなんです」(昭和55年、成年式を前にされて)

 陛下「誡太子書(太子を戒むるの書)の中で花園天皇は、まず徳を積むことの必要性、その徳を積むためには学問をしなければならないということを説いておられるわけです。その言葉にも非常に深い感銘を覚えます」(57年、学習院大ご卒業時の記者会見)

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください