THE逮捕の瞬間(下)

障害者悪用、地這う捜査で解明 ~連続ゴルフ用品盗事件~ 尾行・張り込み重ねた末に

 紅葉が色づき始めた昨年10月下旬、兵庫県警は神戸市長田区の犯行アジトに踏み込んだ。肌寒い50畳ほどの作業場に、数千もの中古のゴルフバックやクラブが所狭しと置かれていた。無造作に並んだ机の上を確認すると、ゴルフ用品の手入れの要領を記した写真付きの書類が目に入った。

障害者に盗んだゴルフ用品を磨かせていた障害者就労支援事業所「グラスト」=神戸市長田区
障害者に盗んだゴルフ用品を磨かせていた障害者就労支援事業所「グラスト」=神戸市長田区

 捜査3課が警察署とともに内偵捜査を始めておよそ半年。県内各地の無人の車の中から盗まれたゴルフ用品の行方を追っていた捜査員がたどり着いた先は、就労技能を身につけるために集まった人々が働く障害者支援施設だった。善意を逆手に取った犯行に、捜査員は思わず息をのんだ。

  ■  □  ■

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください

【THE逮捕の瞬間】記事一覧