顔画像共有で万引防げ 書店3店が共同プロジェクト 個人情報への配慮も

 書店の経営を圧迫する万引の被害を減らそうと、東京都渋谷区の大手3店が「渋谷書店万引対策共同プロジェクト」をスタートさせた。万引などをした人物の画像情報を共有し、各店の顔認証機能付き防犯カメラがその人物の入店を認知すると、勤務中の店員らに瞬時に伝達される仕組み。全国初の試みで抑止力に期待の声があがるが、個人情報保護法の枠内での画像データの運用には、慎重な対応が求められそうだ。(吉沢智美)

 プロジェクトに参加するのは、啓文堂書店渋谷店、大盛堂書店、MARUZEN&ジュンク堂書店渋谷店の3店。7月30日以降に各店の防犯カメラなどで万引や盗撮、器物損壊などの行為が確認された人物について、画像データを収集して、共有するという。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください