衝撃事件の核心

「俺たちは使い捨て」中国拠点の詐欺グループ元メンバーが激白した“かけ子”の実態

 捜査の手を逃れようと、海外を拠点とする特殊詐欺グループが増える中、中国を拠点に、日本の高齢者へ電話をかける「かけ子」役を担っていた40代の男が産経新聞の取材に応じた。男はインターネット上の“裏仕事”の求人に応募。高級マンションの一室で電話をかけ続け、高額報酬を受け取っていた。しかし、リーダー格の中国人に裏切りを疑われ、命の危険を感じ、中国から逃げ出したという。最終的に詐欺容疑で逮捕された男の口から語られた詐欺グループの実態とは-。

 ■高級マンションで共同生活

 「海外テレアポ募集!最高月収480万稼げます!」

 インターネットの「裏仕事掲示板」というサイトに掲載されたこんな求人に、男が応募したのは平成29年12月ごろのことだった。すぐに中国人を名乗る男から連絡があり、メールや会員制交流サイト(SNS)でやりとりを続け、翌月には用意された航空券で中国・吉林省延吉市に渡った。

 詐欺グループが拠点としていたのは同市内の高級マンションの一室。男はこのマンションで、同じように求人に応募した日本人や監視役の中国人など数人と共同生活を送った。

 詐欺グループのリーダーは30代の中国人で、周囲からは「社長」と呼ばれていた。高級ブランドで全身を包み、ベンツやポルシェといった高級車を乗り回していたという。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください