全裸、1日1食…捜査幹部が絶句した「療養」の実態 寝屋川監禁事件初公判

柿元愛里さんが監禁されていた現場の民家=大阪府寝屋川市
柿元愛里さんが監禁されていた現場の民家=大阪府寝屋川市

 モニターで監視された狭いプレハブ小屋。体重わずか19キロの遺体は裸で毛布にくるまっていた。「ペット以下」。捜査幹部は絶句したという。大阪府寝屋川市で平成29年に発覚した柿元愛里さん=当時(33)=の監禁事件の初公判が7日、大阪地裁で開かれ、検察側、弁護側双方の冒頭陳述などが行われた。法廷に立った両親は「監禁のつもりはなかった」と起訴内容を否認。弁護側は、「両親は一生懸命やってきた」と理解を求めた。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください