直進車にも過失、判決直前に豹変した被告の言い分 大津園児死傷事故

保育園児ら16人が死傷した事故の公判で、新立文子被告は突然、それまで認めていた起訴内容の一部を争うと主張した
保育園児ら16人が死傷した事故の公判で、新立文子被告は突然、それまで認めていた起訴内容の一部を争うと主張した

 「やむを得ず、本日判決を言い渡すのは難しい。裁判所としても残念だ」。1月16日の大津地裁。判決の延期を決めた大西直樹裁判長の言葉に、被害者弁護団や検察官は困惑した表情を浮かべた。

 昨年5月、大津市の交差点で信号待ちをしていた保育園児らの列に車が突っ込み16人が死傷した事故で、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)などの罪に問われた新立文子被告(53)の公判。この日は判決の言い渡しが予定されていたが、新立被告が突然、これまで認めていた起訴内容の一部を争うと主張したため、判決言い渡しが延期された。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください