「みーちゃん、ごめん」涙の謝罪も暴行次々と否定 野田小4虐待死で父

初公判に出廷した栗原勇一郎被告(イラスト・勝山展年)
初公判に出廷した栗原勇一郎被告(イラスト・勝山展年)

 千葉県野田市立小4年の栗原心愛(みあ)さん=当時(10)=が昨年1月に自宅浴室で死亡した虐待事件で、21日に千葉地裁で開かれた父親の勇一郎被告(42)=傷害致死罪などで起訴=の裁判員裁判初公判。勇一郎被告は法廷で、娘への謝罪と反省の言葉を並べる一方、多くの暴行については次々と否定した。自身が録画したとみられる号泣する娘の動画が流されても表情を変えなかった。

 勇一郎被告は丸刈りが伸びたような短髪で、青色ネクタイに黒色スーツ、黒縁眼鏡で入廷すると、傍聴人席に約5秒間、深く一礼し、弁護人の隣の自席に着く前にも深く礼をした。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください