千葉女児虐待死、裁判長声震わせ断罪「異常なほど陰惨」

栗原勇一郎被告の判決公判で傍聴券を求めて並ぶ人たち=19日午前、千葉地裁前
栗原勇一郎被告の判決公判で傍聴券を求めて並ぶ人たち=19日午前、千葉地裁前

 千葉県野田市で昨年1月、小学4年の栗原心愛(みあ)さん=当時(10)=が虐待を受け死亡した事件で、19日の千葉地裁判決は、傷害致死罪などに問われた父親の勇一郎被告(42)の量刑について、同種の虐待死事件ではこれまでで最も重い懲役16年とした。前田巌裁判長は多くの暴行を否定した勇一郎被告の態度を「罪に向き合っているといえない」と非難。裁判員の怒りを代弁するように声を震わせ、「異常なほど陰惨でむごたらしい虐待だ」と断じた。(加藤園子)

 検察側は9日の論告で、虐待事件で最も重い確定判決は傷害致死事件で懲役11年、保護責任者遺棄致死事件では懲役13年だったと説明。その上で、今回の虐待を「従来の量刑傾向を大幅に超える比類なく重い事案」として懲役18年を求刑した。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください