昭和天皇の87年

憲法制定の真相 スクープ報道がGHQの全面介入を招いた

画=千葉真
画=千葉真

第209回 マッカーサー草案(1)

 ここに中学校で現在使われている、2冊の教科書がある。ひとつは左派色が強いとされる「学び舎」の歴史教科書。日本国憲法の制定過程について、こう記している。

 「1945年、連合国軍総司令部(GHQ)は、日本政府に憲法の改正を指示しました。しかし、政府がまとめた改正案は、天皇が統治権をもつなど、大日本帝国憲法とほとんど変わらないものでした。そこでGHQは、憲法研究会の憲法案などを参考にしてGHQ草案をつくり、政府に示します。(中略)政府は、GHQ草案をもとにして、新たに憲法改正案を作成します。戦後初の選挙で選ばれた衆議院議員がこれを審議しました。このなかで、国民主権が明記され、生存権が定められるなど、重要な修正が加えられました」

 現行憲法はGHQ草案をもとにしつつも、日本が主体的に作成したかのような書きぶりである。一方、保守系とされる「育鵬社」の教科書はこう記述する。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください