どうする福祉 縮む日本の処方箋

第2部 医療×介護(2)「再編統合リスト」に渦巻く不信感

入院患者には慢性期疾患を抱える高齢者らが多い=国民健康保険・奥多摩病院 (東京都奥多摩町)
入院患者には慢性期疾患を抱える高齢者らが多い=国民健康保険・奥多摩病院 (東京都奥多摩町)

 東京都心から電車で約2時間。山間部にある東京都奥多摩町が揺れている。厚生労働省が昨秋公表した「再編統合が必要な公立・公的病院」424のリストに、町唯一の病院「国民健康保険・奥多摩病院」の名があったからだ。

地域の「命のとりで」

 町田仁さん(71)=仮名=は昨年末、胸に痛みを感じて奥多摩病院を外来で受診し、医師から「心筋梗塞の疑い」を告げられた。旅行に出る直前だった。「体のちょっとした異変は気に留めず過ごしてしまいがちだが、近くに病院があったことで早期発見につながった」と振り返る。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください