昭和天皇の87年

11宮家が皇籍離脱 「朕」も「わたくし」になった

画=千葉真
画=千葉真

第214回 皇室の変革

 昭和天皇の地方巡幸がはじまり、やがて中断された昭和21~23年、国内情勢はめまぐるしく動いた。

 21年4月に実施された戦後初の総選挙で、立憲政友会の流れをくむ日本自由党が第1党になったことはすでに書いた。幣原喜重郎内閣は総辞職し、大命は自由党総裁の鳩山一郎に下るかと思われたが、その直前、GHQの指令で鳩山が公職追放され、同党総裁を引き継いだ吉田茂が組閣する。日本がどん底だった時代だ。吉田内閣は、食糧難とインフレと、それに乗じた労働争議の頻発に翻弄された。

 その頃、活発に動いたのは共産党である。労働争議を政治闘争と結びつけ、22年2月1日をもって国鉄、郵便、学校などの一斉スト(二・一ゼネスト)を計画。マッカーサーの介入でストは回避されたものの、吉田内閣への打撃は大きく、4月25日の総選挙で自由党は第2党に後退した。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください