昭和天皇の87年

「日本」を貫いた孤高の国母 旭日を見ずに無念の崩御

画=筑紫直弘
画=筑紫直弘

第221回 主権回復(1)

 それは、あまりに突然のことだった。

 昭和26年5月17日《午後三時三十分、皇太后は大宮御所において突然狭心症の発作に見舞われ、皇太后宮侍医小原辰三の応急処置を受けられるが、四時十分、崩御される。御歳六十六》(昭和天皇実録40巻40頁)

 皇太后-すなわち昭和天皇の母、貞明皇后は、聡明にして気丈な国母だったと伝えられる。

 名門華族・九条道孝の4女に生まれ、よく日焼けしたお転婆な少女だったことから、女学校時代は「九条の黒姫さま」と呼ばれた。16歳で皇太子妃になり、昭和天皇をはじめ4人の皇子を出産。皇后となってからは病弱な大正天皇を献身的に支える一方、ときの最高権力者である元老、山県有朋とも毅然とわたりあい、宮中で最も恐れられる存在であった。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください