昭和天皇の87年

「これは復讐の条約ではない」- そして星条旗は静かに降ろされた

画=筑紫直弘
画=筑紫直弘

第222回 主権回復(2)

 1951(昭和26)年9月、米サンフランシスコのオペラ・ハウスに、世界52カ国の代表が集まった。日本の主権回復に向けた、対日講和条約を審議するためである。各国代表が次々に賛同の演説を行い、最後に登壇したのは日本全権、吉田茂だ。同月7日の夜、吉田は朗々とスピーチした。

 「この平和条約は、復讐(ふくしゅう)の条約ではなく、和解と信頼の文書であります。日本全権はこの公平寛大なる平和条約を欣然受諾致します」

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください