昭和天皇の87年

大任果たされた皇太子 日英友好にチャーチルも動いた

画=筑紫直弘
画=筑紫直弘

第223回 名代と外遊(1)

 その日-昭和28年3月30日、皇居から横浜港まで30余キロの国道沿いは、満開の桜と、約100万人の国民が打ち振る日の丸の小旗に彩られた。歓声に包まれた喜色のトンネルを、飴色(あめいろ)のオープンカーが通過する。車上で手を振られているのは、初の外遊に出発される、当時19歳の皇太子(上皇さま)だ。

 外遊の目的はエリザベス英女王の戴冠(たいかん)式、昭和天皇の名代としてのご出席である。あわせてアメリカ、フランス、スペイン、オランダなど計14カ国を訪問される予定だ。前年4月に主権を回復してからまもなく1年。日本が国際社会に新たな一歩を踏み出す、先導役も担われていた。

 昭和天皇が大正10年に訪欧したときも、19歳の春だった。今回の外遊にあたり、昭和天皇は皇太子としばしば歓談し、自身の訪欧について語ったと昭和天皇実録に記されている。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください