昭和天皇の87年

マッカーサーの墓前に供えられた「エンペラー」の花輪

画=井田智康
画=井田智康

第237回 訪米(1)

 昭和47年に実現した沖縄の本土復帰と並び、昭和天皇が熱い思いを馳せたことがある。かつての敵国であり、いまや同盟国であるアメリカへの公式訪問だ。

 天皇訪米はそもそも、昭和46年の米中接近(ニクソンショック)で日本との関係をぎくしゃくさせた米大統領のニクソンが求めていたものだが、社会党や共産党などが天皇の政治利用だとして反発しており、なかなか話が進まなかった。

 流れを変えたのは、ニクソンのあとホワイトハウスの主となり、米大統領として初めて来日したジェラルド・フォードだ。昭和49年11月、米大統領専用機エアフォースワンで羽田空港に到着したフォードは、迎賓館で昭和天皇の出迎えを受け、お召自動車に同乗して皇居へ向かった。その車中で、フォードは昭和天皇に言った。

 「来年、ワシントンに両陛下をお迎えできたら大変うれしく思います」

 昭和天皇は笑顔でこたえた。

「そういうことができたら、大変うれしいことでしょう」

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください