昭和天皇の87年

天皇はなぜ、靖国神社に参拝しなくなったのか

画=井田智康
画=井田智康

第239回 最後の参拝

 天皇晴れ、という言葉がある。昭和天皇が行幸するときは、不思議とよく晴れるのだ。地方巡幸で傘が必要だったことはめったにない。1971(昭和46)年の外遊でも、霧で有名なロンドンに青空が広がった。

 だが、その日は冷たい雨が降っていた。

 昭和50年11月21日、昭和天皇は、靖国神社に参拝した。傘をさして境内を歩き、本殿で拝礼し、戦没者に深い祈りをささげる。しんと静まる靖国の杜(もり)に、涙のような雨音が響いた。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください