昭和天皇の87年

「過去」を持ち出した中国最高実力者 天皇はしなやかに対応した

画=井田智康
画=井田智康

第241回 晩年(1)

 木曽檜(ひのき)でつくられ、昭和43年に落成した皇居の正殿「竹の間」-。天皇が外国元首らと会見する際に使われる、気品にあふれた一室だ。

 昭和53年10月23日、この竹の間に、ときの福田赳夫内閣が細心の注意を払う公賓が招かれた。中華人民共和国の国務院副総理、●(トウ=登におおざと)小平である。

 日中の国交が正常化したのは6年前の昭和47年9月。日本はそれまで台湾の中華民国を承認してきたが、佐藤栄作の後に首相となった田中角栄が訪中し、国務院総理の周恩来と共同声明を発表。日本が中華人民共和国を中国唯一の合法政府であると承認するかわりに、中国は日本に対する戦争賠償請求を放棄することで合意した(※1)。

 中国側はこのとき、訪中した田中を微に入り細に入り歓待したとされる。宿泊する迎賓館に田中の好物、木村屋のあんパンが用意されていたことはよく知られた話だ。中国は当時、ソ連との国境紛争や文化大革命で国内が疲弊しており、経済力のある日本と、何としても手を結びたかったのである。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください