人工呼吸器は譲るべきか コロナ禍でも深まらぬ議論

 新型コロナウイルスの感染拡大で、海外では人工呼吸器が不足し、治療する患者を選ぶ「命の選別」を余儀なくされる事態が起きた。日本では感染爆発時の医療資源の配分をめぐり、さまざまな意見がある一方、人工呼吸器を使っている患者らへの「差別につながる」との批判もあり、議論は進んでいない。ただ、全国で再び感染者数が増加傾向となっており、医療体制が逼迫(ひっぱく)した場合には、直面する重要な課題の一つになりうる。私たちはどのように考えるべきか。(石川有紀)

意思表示カード

 人工呼吸器が不足した場合には、私は若い人に高度医療を譲ります-。国内で感染拡大が見られた4月上旬、元国立循環器病研究センター医師で循環器科専門医の石蔵文信医師(64)は、高齢者向けに「集中治療を譲る意志」を表示するカードを作成した。インターネット上に公開し、誰でもダウンロードして使用できる。

 「われわれ世代が高度医療を譲る意思を示すことで、万一のとき医師らの心理的負担を減らせる」と作成の理由を説明する。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください