昭和天皇の87年

永遠の天皇、穏やかに崩御 激動の時代の幕は下りた

画=井田智康
画=井田智康

第245回 鏡中の月

 昭和63年の秋、吹上御所の2階にある昭和天皇の寝室には、野草が飾られていた。前首相の中曽根康弘が吟味して集め、届けたものである。

 昭和天皇が、侍従に言った。

 「ヒカゲノカズラ(シダ植物)がそこにあるね。どこから採ってきたものだろう」

 9月19日の大量吐血から1カ月余り、小康状態を保っていたものの、病床からは起き上がれない。鉢植えの野草を見つめる昭和天皇は、那須の森を歩いていた頃を、思い浮かべていたのかもしれない。

 旧暦の十三夜にあたる10月23日、侍従が鏡を持ち、窓外の月を映してみせた。

 「見えますか」

 「見えた。少し欠けてるね」

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください