19世紀の英地図も竹島を日本領、女王に捧げる高い精度

1881年に出版された英国製地図。竹島を九州と同じ色で塗り、日本領として記載している(舩杉力修准教授提供)
1881年に出版された英国製地図。竹島を九州と同じ色で塗り、日本領として記載している(舩杉力修准教授提供)

 日本固有の領土でありながら韓国が不法占拠する竹島(島根県隠岐の島町)について、日本領と明示した19世紀の英国製の地図が現存することが島根大の舩杉力修(ふなすぎ・りきのぶ)准教授(歴史地理学)の調査で分かった。英国のビクトリア女王(1819~1901年)に献上する旨が記載された、権威ある世界地図帳に収められた1枚という。これまでにも竹島を日本領とする19世紀の西洋製の地図は見つかっているが、「竹島は17世紀から日本の領有権があった」とする日本の主張を補強するとともに、韓国側主張の反論材料になりそうだ。

色分けも日本と同色

 舩杉准教授が調べたのは英国の地理学者、アレクサンダー・キース・ジョンストン(1804~71年)が作製した地図帳「現代地理のロイヤルアトラス」。同地図帳は1855年が初版とみられるが、舩杉准教授は神奈川県の古書店で81年版を入手し、調査した。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください