三島由紀夫の遺言 決起から50年

(上)日本を信じた 決死の叫び

「われわれは戦後のあまりに永い日本の眠りに憤つた」

 戦後日本を代表する作家、三島由紀夫が東京・市谷の陸上自衛隊施設に立てこもり自刃した衝撃的な出来事から25日で50年になる。「時代錯誤の愚挙」「常軌を逸した行動」と言われ続けてきたが、日本を憂えながら将来に望みを託した三島。時代が追いついてきたのか、その緊張感は「決起」を知らない現代の若者たちにも伝わりつつある。今なぜ三島なのか。

 三島は日本国憲法を改正して自衛隊を国軍とする道を模索し、昭和45年11月25日、自ら結成した民間防衛組織「楯(たて)の會(かい)」の会員4人とともに、陸自市ケ谷駐屯地(東京都新宿区)の東部方面総監室に立てこもった。総監、益田兼利(ました・かねとし)を人質にし、総監室前のバルコニーから自衛隊員に向かって「決起」を促した。

 しかし三島の声は自衛隊員の罵声と報道ヘリコプターの爆音にかき消される。演説を断念した三島は、総監室に戻ると自身の腹に刀を突き立てた。

検証されぬまま

 三島はなぜそこまで自らを追い込んだのか。当日、駐屯地で配布した檄文(げきぶん)に、こう記されている。