近づく「医療崩壊」コロナと闘う最前線の“今”

新型コロナウイルス感染症患者の対応に当たる医療スタッフら=さいたま市大宮区の自治医科大附属さいたま医療センター(同センター提供、一部加工)
新型コロナウイルス感染症患者の対応に当たる医療スタッフら=さいたま市大宮区の自治医科大附属さいたま医療センター(同センター提供、一部加工)

 新型コロナウイルスの第3波といえる感染再拡大で、医療現場の逼迫(ひっぱく)は深刻さを増し、関係者は「医療崩壊」という最悪のシナリオに危機感を募らせている。

 それは、単に感染者の増加のみに起因するわけではない。病院にベッドを用意しても、そこに横たわる患者に対応する医療スタッフがそろっていなければ治療はできない。患者の命を救う医療機器の準備も必要だ。