びっくりサイエンス

AIとロボで材料開発という新潮流

 人工知能(AI)などの情報科学を材料の開発に生かす手法が注目されている。AIやロボットを駆使して、人間の研究者よりも効率的に実験を進め、新材料を発見するシステムの開発に東京工業大の研究チームが成功。システムによって実験効率は人が行う場合に比べ10倍にもなったという。新型コロナウイルスの影響で在宅勤務が広がる中、こうしたシステムを使って遠隔で実験を進められる期待が高まっている。(松田麻希)

PDCAを回すAI・ロボ

 東工大の一杉太郎教授らの研究チームは、ロボットアームなどの実験機器とAIを組み合わせて、自律的に新しい材料を開発するシステムを開発した。