富岳でマスクの素材分析 不織布が高性能だが、正しい装着が最も大事

大阪市内のワーキングスペースではスタッフだけでなく利用者にも不織布マスクの着用を呼び掛けている=大阪市中央区(須谷友郁撮影)
大阪市内のワーキングスペースではスタッフだけでなく利用者にも不織布マスクの着用を呼び掛けている=大阪市中央区(須谷友郁撮影)

 不織布(ふしょくふ)、布、ウレタン。新型コロナウイルス対策の基本であるマスクには、主にこうした素材が存在する。一方で性能の差から、最も飛沫(ひまつ)が漏れにくい不織布以外に対し、強い警戒感を示す風潮もある。感染拡大防止に今、多くの人が神経をとがらせている中で、専門家は「素材ではなく、マスクを正しく着用することの方が重要」と指摘する。(石橋明日佳)

 《不織布マスク着用にご協力ください》

 大阪市中央区のコワーキングスペース「オオサカンスペース」の入り口にはこんな掲示がある。各地で感染者が増える中、マスクの素材を気にする利用者もいるとして「第3波」以降に呼びかけを始めた。訪れた人が不織布マスクを持っていない場合は、事前に運営側が用意したものを着用してもらう。