時価総額も高まるも…犯罪に悪用される仮想通貨 背景に高い匿名性

 インターネット上で取引される暗号資産(仮想通貨)が犯罪で悪用される事例が相次いでいる。サイバー攻撃を中止する見返りに仮想通貨の支払いを要求したり、薬物の売買で使われたりするケースも確認された。代表格である「ビットコイン」の価値が高騰するなど投資対象としても注目を集める中、円やドルなどの法定通貨に比べて資金移動先を補足しづらいという特性が悪用されており、警察当局などは警戒を強めている。(吉沢智美)

「身代金」要求に…

 近年、企業などの内部システムに侵入して重要データを暗号化し、元に戻す対価として金銭を要求するコンピューターウイルスの一種「ランサム(身代金)ウエア」によるサイバー攻撃が国内外で多発。この「身代金」を、仮想通貨で要求するケースが増えている。国内では昨年、ゲームソフト大手「カプコン」(大阪市)がランサムウエアによるサイバー攻撃を受ける事件が発生した。