論点直言 札幌地裁判決

「同性婚」認めないと違憲…議論呼ぶ“驚天動地”の判断 山尾志桜里/八木秀次/池谷和子

(左から)長崎大の池谷和子准教授、国民民主党の山尾志桜里議員、麗澤大の八木秀次教授
(左から)長崎大の池谷和子准教授、国民民主党の山尾志桜里議員、麗澤大の八木秀次教授

 同性婚を認めないのは憲法違反とする判断が今月17日、札幌地裁で初めて示された。男女が結ばれるのが結婚だというのは法的にも常識で、憲法24条にも「婚姻は、両性の合意のみに基いて成立」と書かれているが、同地裁の判決はこれを覆す内容。同性愛に結婚を認めないのは差別で、憲法14条の「法の下の平等」に反するというのだ。明治以前から同性同士の性愛行為を認めてきた“寛容”の歴史を持つ日本だが、法律上の「結婚」まで認めるとなると、大転換になる。今後の控訴審の行方が注目されるが、専門家や政治家らは、どう見ているのか。

■「司法の暴走、発想が朝日新聞と同じ」 麗澤大教授の八木秀次氏

 札幌地裁の判決は、司法による「立法権の侵害」ではないか。国会は憲法24条に基づき、同性婚を認めない民法などを定めてきたのに、判決ではそれを「立法府の裁量権を超えたもの」と否定した。これでは国会に「24条を無視して同性婚を認める法改正をしろ」と命じているに等しい。