クローズアップ科学

宇宙で日本発の水再生技術 尿から98%の純水 

ISSで行われる水再生システムの実証実験
ISSで行われる水再生システムの実証実験

 宇宙飛行士の星出(ほしで)彰彦さん(52)の国際宇宙ステーション(ISS)での約半年間の滞在が始まった。期間中に与えられた多くのミッション(任務)のうち、特に注目されるのは、日本実験棟「きぼう」で、宇宙で貴重な水を再生するシステムの実証実験だ。水再生技術は日本の得意分野。今回の実験を経て、高い再生率のシステムが実用化されれば、人類が宇宙で暮らしたり、長期滞在したりするための「生活インフラ」として大いに貢献しそうだ。(有年由貴子)

再生率90%以上 メンテナンス不要

 水再生システム装置は、高度約400キロのISSで生活する宇宙飛行士の尿を飲料水として再生する。宇宙航空研究開発機構(JAXA)が民間企業と協力して開発した。日本独自の水処理技術を用いた次世代型で、一昨年11月に実証実験機が打ち上げられた。

ISS内で地球を背景に記念撮影する野口聡一さん(JAXA・NASA提供)
ISS内で地球を背景に記念撮影する野口聡一さん(JAXA・NASA提供)