池江璃花子「記録よりも勝つレースを」 単独インタビュー詳報

Messenger

写真撮影に臨む競泳の池江璃花子=東京都豊島区(川口良介撮影)

写真撮影に臨む競泳の池江璃花子=東京都豊島区(川口良介撮影)

 いよいよ2020年東京五輪のプレシーズンが始まった。期待と人気が高まる池江璃花子(ルネサンス)が産経新聞の単独インタビューに応じ、「自分の限界を超える」と新年の誓いを立てた。その上で世界一までの距離や今春、女子大生になるイメージ、プレッシャーとの向き合い方などを語った。(聞き手・西沢綾里)

 --今季の目標は

 「とにかく大きな試合でメダルを獲得すること。夏の世界選手権(韓国)で自信に満ちあふれた表情で入場し、頑張ってきたことを出し切りたい。メダルを獲得すれば、20年のイメージもついてくる」

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください