大谷翔平「打者専念、不安より楽しみ」 単独インタビュー詳報

Messenger

写真撮影に応じる大谷翔平=東京都豊島区(川口良介撮影)

写真撮影に応じる大谷翔平=東京都豊島区(川口良介撮影)

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手(24)が東京都内で産経新聞の単独インタビューに応じ、投打二刀流でア・リーグの最優秀新人(新人王)に選出された1年目を振り返るとともに、今後に向けての抱負を大いに語った。昨年10月に右肘の靱帯(じんたい)再建手術(通称トミー・ジョン手術)を受けた影響で、2年目となる今季は打者一本で勝負する見通しで、目標について「世界一になるというのを前提にしたポストシーズン進出」と明言した。

 --2年目となる2019年シーズンの目標はなんですか

 「(チームで)ポストシーズンに進みたい。世界一になるというのを前提にしたポストシーズン進出ですね」

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください