聖火ランナー、多彩な顔ぶれ 藤井七段、指原莉乃さんら選出

グランドスタート聖火ランナーに選ばれた(前列左から)海堀あゆみさん、安藤梢さん、岩清水梓さん、佐々木則夫さん、調布リトルリーグ・リトルシニアの選手ら。(後列左から)サンドウィッチマンの伊達みきお、富澤たけし、武田美保聖火リレー検討委員会委員、田嶋幸三日本サッカー協会会長、森喜朗組織委員会会長、調布リトルリーグ・リトルシニアの選手ら=17日、東京都中央区(納冨康撮影)
グランドスタート聖火ランナーに選ばれた(前列左から)海堀あゆみさん、安藤梢さん、岩清水梓さん、佐々木則夫さん、調布リトルリーグ・リトルシニアの選手ら。(後列左から)サンドウィッチマンの伊達みきお、富澤たけし、武田美保聖火リレー検討委員会委員、田嶋幸三日本サッカー協会会長、森喜朗組織委員会会長、調布リトルリーグ・リトルシニアの選手ら=17日、東京都中央区(納冨康撮影)

 2020年東京五輪の聖火リレーで17日、国内各地を走るランナーが発表された。国内最初のランナーは2011年サッカー女子ワールドカップ(W杯)ドイツ大会で優勝した日本代表「なでしこジャパン」のメンバーが選ばれたが、ほかにもアスリートや芸能人、著名人らが聖火をつなぐ。

 この日、都内で開かれた記者会見で、なでしこの佐々木則夫元監督や選手らが登場。佐々木元監督は「優勝メンバーが、こういう形で関われるのは非常に楽しみ」と話した。なでしこが優勝した平成23年は東日本大震災が発生した年。東京五輪は震災からの「復興五輪」を理念として掲げているため白羽の矢が立った。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください