灯す

第3部 試練を越えて(3)「水」との苦闘 海底から復活の土地で

 東京五輪の舞台には、長い時間をかけて「水」と闘ってきた場所がある。先人たちの知恵と努力で海底から見事に復活した土地だ。不屈の精神が宿る「最高の舞台」の物語は、人々に勇気を与え、新型コロナウイルスを必ず克服できるものと確信させてくれる。

 鈍色(にびいろ)に光る東京湾を望みながら、JRの高架駅を降りる。真新しい案内板に迎えられた。

 《カヌー・スラロームセンター》

 東京都江戸川区の葛西臨海公園。大空をめぐる大観覧車の隣に、東京五輪カヌー・スラローム競技場として、わが国初の人工コースが姿を現している。

 「東京五輪が安心して開催できるのは、葛西の人々の水との苦闘と、知恵の歴史があるからだ」

灯す