夏の甲子園中止

“空白の1年”選手のレベル低下を懸念、ドラフトにも影響

昨年夏の甲子園大会で初優勝し、喜ぶ履正社(大阪)ナイン=令和元年8月、兵庫県西宮市
昨年夏の甲子園大会で初優勝し、喜ぶ履正社(大阪)ナイン=令和元年8月、兵庫県西宮市

 戦時中を除けば初めて、今年は春夏ともに甲子園大会が開かれないことになった。新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐためにはやむを得ない決断だが、その影響は大きく、このままでは高校野球にとって“空白の1年”になりかねない。球界が歩みを止めないためにも、球児たちが再び安心して野球ができる環境づくりを整えていかなければならない。

 サッカーやラグビー、バレーボール、バスケットボールなど、冬に全国大会が開催される競技は多い。一方、野球は秋季大会から、来春の選抜大会を目指す新チームに切り替えて臨む。3年生の野球部員にとって夏の甲子園が高校生活の集大成であり、中止によって不完全燃焼のまま部活動を終える生徒が多く出てくる。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください