コロナ スポーツ再始動

プラチナ化するチケット 視聴者確保へ大胆な工夫必要

※写真はコラージュ
※写真はコラージュ

 《GIANTS PRIDE WITH FANS》。プロ野球巨人の本拠地、東京ドームでは6月19日の開幕日、チームカラーのオレンジと黒で無観客のスタンドに文字が描かれた。ソフトバンクの本拠地・ペイペイドーム(福岡市)では右翼席に人型ロボット「Pepper」が登場して盛り上げたほか、横浜スタジアムではバックスクリーンの電光掲示板に、オンラインで応援するファンの姿が映し出された。

 新型コロナウイルスにより、約3カ月遅れで開幕したプロ野球の応援スタイルは一変した。サッカーやラグビーなど団体球技のリーグで構成する日本トップリーグ連携機構(川淵三郎会長)は無観客試合の新名称を「リモートマッチ」と決めた。

入場料収入が減少

 プロ野球とサッカーJリーグは7月10日から観客動員を決めたが、政府の指針によって、5千人か収容人員の50%の少ない方が上限となる。感染拡大の「第2波」への懸念もあり、大胆な上限引き上げはシーズンを通して困難だろう。日本に限らず、海外のプロリーグもほとんどが無観客で実施している。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください