灯す

第5部 パラリンピック(4)社会に何が提供できるか 等身大のアスリート

 

 パラリンピックは弱者とされる障害者の強さに光をあてた。しかし、選手たちは決して超人ではない。当たり前に生きる障害者を受け入れる社会づくりが今、求められる。

 90秒の映像が革命を起こした。

 2012年ロンドンパラリンピック大会。英国での放送権を公共放送BBCから入札で奪い取った民放局「チャンネル4」は、一本のCMを制作した。

 「ミート・ザ・スーパーヒューマンズ(超人たちを紹介しよう)」

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください