年のはじめに 論説委員長・乾正人 さらば、「敗北」の時代よ

Messenger

 平成は「敗北」の時代だったな。

 年の瀬に訪ねたある財界人の言葉に、平成の30年間をボーッと生きてきた私は、ハンマーで殴られたような衝撃を受けた。

 平成23年の東日本大震災、7年の阪神大震災と地下鉄サリン事件という大きな厄災に見舞われたとはいえ、日本はおおむね「平」和で、バブル時代の狂騒を経て「成」熟した社会になったなぁ、と勝手に総括していたのである。

 しかし、数字は平成日本の「敗北」を冷酷に物語っている。