偏西風

「バルサ」化する神戸余波 北川信行

大勢のファンが見守る中、練習するイニエスタ。ヴィッセル神戸のスター獲得は興行的には成果をあげている=5月12日、ノエビアスタジアム神戸(甘利慈撮影)
大勢のファンが見守る中、練習するイニエスタ。ヴィッセル神戸のスター獲得は興行的には成果をあげている=5月12日、ノエビアスタジアム神戸(甘利慈撮影)

 ■Jリーグも「潤う」大型補強を

 この風は、平成5(1993)年に産声をあげたJリーグが令和の時代も発展し続けるための追い風になり得るし、停滞を生む向かい風になる危険性もはらんでいる。

 元ドイツ代表のルーカス・ポドルスキ(33)に元スペイン代表のアンドレス・イニエスタ(35)、ダビド・ビジャ(37)と、世界的なスター選手を次々と獲得しているヴィッセル神戸。親会社のインターネット通販大手、楽天の三木谷浩史会長兼社長(54)の号令の下、拡大路線の経営戦略を掲げるが、チーム成績はなかなか上向かない。複数のスターを擁しながらの低迷は、他チーム、ひいてはリーグ全体にも影響を及ぼしかねない。