昭和天皇の87年

ドイツと“心中”!? 三国同盟に突き進んだ松岡洋右の真意は

第159回 “はったり”外交

 日中戦争を泥沼にした近衛文麿内閣が退陣した後、平沼騏一郎内閣(在任約8カ月)、阿部信行内閣(同約4カ月半)、米内光政内閣(同約6カ月)と短命内閣が続き、再登板した第2次近衛内閣-。その外相となった松岡洋右は自己顕示欲が強く、はったりの多い人物とされる。日中戦争がはじまる前の昭和11年12月、日独防共協定(※1)の成立を受け、こんな演説をしていた。

 「日本人は心中といふことを知ってる筈(はず)だ。(中略)ドイツと結婚した許(ばか)りなるに直ぐ(英米など)他所の女に色目を使ふとは一体何事であるか。今少し国民の気節なり気品と云ふことを考ふるがよい。手れん手管が外交の総てゞはない」